23316015_m_edited_edited_edited.jpg

日本作業科学研究会
​第25回 学術大会 in 長野

The 25th Annual Conference of the Japanese Society for Study of Occupation in Nagano

What is Well-Being ?
〜作業の視点で幸福を考える〜

日本作業科学研究会 第25回学術大会 in 長野は、2022年10月22日・23日に無事終了いたしました。

​開催にご協力いただいた皆様、またご参加いただきました皆様、誠にありがとうございました。

 

特別基調講演・一般演題の事前配信動画や、基調講演「幸福学×作業科学」は11月23日(水)まで参加者用ページ内で配信予定です。

参加申込をされた方へ

新着情報

2022.10.26 見逃し配信を追加しました。
2022.10.23 学術大会は無事終了いたしました。引き続きオンデマンド配信をご視聴ください
2022.10.22 事例検討企画の助言者の資料を公開しました。
2022.10. 6 基調講演(コラボ講演)の資料を公開しました
2022.10. 1 参加者用ページを公開しました
2022. 9.13  抄録集を追加しました

2022. 6. 1 ウェブサイトをオープンしました
 

開催概要

  • 名称:日本作業科学研究会 第25回学術大会
  • ​テーマ:What is Well-Being?〜作業の視点で幸福を考える〜
  • 会期:2022年 10月22日(土) ・23日(日)
  • 開催方式:オンライン開催
  • ​主催:日本作業科学研究会
  • 事前参加登録:2022年6月 開始
  • 演題募集:2022年4月20日(水)〜 6月24日(金)23時まで

​大会長挨拶

 

プログラム

基調講演(特別コラボ講演・コラボ対談)
『幸福学×作業科学』

前野隆司氏(慶應義塾大学)
吉川ひろみ氏(県立広島大学 作業療法士)

特別講演1
『Using occupational concepts to support people during COVID-19』

Lorrae Mynard氏(Monash University)

特別講演2
『コロナ禍における作業的不公正』

高橋香代子氏(北里大学 作業療法士)

佐藤剛記念講演
『国際協力の現場から、気候危機に対応し持続可能な社会をつくる作業を考える 〜キーワードはSDGs、脱成長、コモンズ』

吉田美穂氏(一般社団法人 国際環境協力ネットワーク)

事例検討企画
​『現場で活かそう作業科学』

  • 助言者:近藤知子氏(杏林大学)、西方浩一氏(文京学院大学)
  • ​事例提供者:三村啓人(諏訪中央病院)、齋藤尚子(北信総合病院)

オンライン懇親会

大会1日目の終わりに飲み物や食べ物を片手に、参加者同士が感想を語り合います。「劇団しましま」の皆さんのご協力により、それをプレイバックシアターという手法で共有したいと考えています。
みなさん、お楽しみに!ふるってご参加ください♪
 

お問い合わせ

送信ありがとうございました